RSS | ATOM | SEARCH
製氷機、これからもよろしくね。
***11月のお休みについてのお知らせ***
11月につきましては、毎週水曜日に加えまして11月20日(日)、お休みいたします。
*********************

寿命というのは人間に対してだけでなく、機械に対しても使う言葉ですね。
あまり使いたくない言葉ですが、先日その言葉を使わざるを得ない事態が起きてしまいました。

大将が築地へ行く日の早朝のこと。
いつも家を出発し、一旦お店に寄り、仕入れた魚を冷やして持って帰って来られるように、製氷機の氷を発泡スチロールに入れる作業をするのですが、その時に、んんん?氷がない!!氷が出来てない!!!という状態。
前夜になんか氷の出来が遅いんだという話をしていたのですが、どうやらその時から作られていなかったようでした。

毎晩、大事な魚たちを発泡スチロールの中にギチギチに氷詰めにしているので(魚にとってそれがいいとか。)、氷はだいぶ使い切って帰ります。
なので朝来てみてビックリ仰天。
持っていける氷がありません。
でもこんな早朝、どうにもならず、とりあえず氷を持たずに築地へGO。

仕入れから帰って来ても、当然ながら状況は変わらず。
氷屋さんから仕入れているかちわり氷は溶けておらず、機械自体は動いており、中はしっかりと冷えています。
それでも業者さんへ連絡するにはまだまだ早すぎる時間です。
仕方なく自分たちが出勤してから連絡することに。

こういう事が突然起こると、本当にヤバイよヤバイよと困ってしまいます。
氷はかなりの重要な役目がありますし、なにより故障して買い替えるなんてことになったら・・・。
取締役経理部長(笑)の私としては、
「うわっ何十万掛るんだよ。そうだ、リースって手もあるな・・・」
と、ぐるぐるし始めます。

でもとにかく製氷機を見てもらわないことには。
先にお店に着いた大将が業者さん(この業界天下のあの会社)に連絡してくれました。
冷蔵庫、冷凍庫、製氷機等は素早く対応しなければならない機材の最たるもの。
さすがに割りとすぐに折り返しの電話があり、対応してもらえました。

ほぼ時間通りに業者さん到着。
製氷機の場所だけ伝え、挨拶もそこそこに黙々と作業開始。

2004年8月に開店してから調子良く付き合ってきた製氷機。
これでサヨナラになるのか・・・と少し覚悟をしていたのですが、どうやら全体的な買い替えは必要ないとのこと。
氷を作り出すその一部分の交換で済みました。
その部分が寿命を迎えたということです。
買い替えとなると、普通に3,40万かかるところ、その10/1くらい(出張修理代込み)で直ることに。
しかも、その部品も持ってきているので、今から作業をしてすぐに直せますとのこと。

あーーーーー良かった。

業者さんの素晴らしく素早いお仕事のお陰で、朝 故障していたものが、午後3時には修理完了していました。
四角い製氷機の氷が営業開始までにどのくらい出来上がるのかが心配だったので、いつもより多めにかちわり氷を仕入れ、全て解決!
氷屋さんにもどうしても足りないときには協力しますよと言っていただき、一時はどうなる事かとパニくりましたが、もうなんだか助けられてばかりの1日でした。
結局、かちわり氷は余りに余り、どっさり氷が出来上がりました。

関わってくださった皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m
そして、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

というお話でした。


植物新ブログサイトミセツク 〜お店をつくって生きるカタチ
2016.10.27 家出発 #25、投稿致しました〜💛植物

植物松田のコト植物
↑松田早わかりページです(^^)2016.5.30 ラストオーダーについてちょびっと更新しましたー。

植物まかない(他いろいろ)ブログ『もこ日記もどうぞごひいきに〜。
つらつら写真載せてまーす。随時更新中〜植物

植物Facebookページあります。植物

月間10000アクセス目指してます(^-^)/
人気ブログランキングにも参加中★
↓ぜひともクリックをして応援をよろしくお願いいたします!!!!


スポンサーリンク



ロフトネットストア
author:まつだ女将, category:あんなコト・こんなコト, 16:17
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://tsubuyaki-blog.bukiccho.pinoko.jp/trackback/987912